キャスタリアTALK SHOW:ムラサワ・レター公開収録イベント「サスティナビリティから見た洞爺湖サミット」を開催

2008年7月3日(木曜)19時(午後7時)よりApple store Ginzaにてイベントを開催いたします。日本唯一のサスティナビリティ専門Podcast「ムラサワ・レター」の公開収録を行ないます。テーマは、洞爺湖サミット。東京大学サスティナビリティ連携研究機構の村沢義久特任教授が洞爺湖サミットの事前報告、さらに国際政治の裏側にある経済と環境問題の関係をご説明します。


同時にキャスタリアのネット学習ツールfusenとオリジナルポッドキャストレーベルTALKSHOWに関してのニュースアップデートを行ないます。お気軽にご参加ください。(当イベントは無料です)
第一部:castalia news updates
出演:
山脇智志—キャスタリア(株)代表取締役社長
松村太郎—慶応大学SFC研究員、キャスタリア(株)取締役
第二部:TALKSHOW スペシャルセッション:ムラサワレター公開収録「サスティナビリティから見た洞爺湖サミット」
出演:松村太郎—慶応大学SFC研究員、キャスタリア(株)取締役
村沢義久—東京大学サスティナビリティ連携研究機構 特任教授
開催日程: 2008年7月3日(木曜)
開催時間: 19時(午後7時)
場所:Apple Store, Ginza 3Fシアター
東京都中央区銀座3-5-12サヱグサビル本館
03-5159-8200
アクセスマップはこちらhttp://www.apple.com/jp/retail/ginza/map/
■出演者プロフィール

松村太郎—慶応大学SFC研究員、キャスタリア(株)取締役
1980年東京出身。慶応大学環境情報学部、同大学大学院政策・メディア研究科(修士課程)卒。2004年よりCNET Japanで携帯メ ディアをテーマにしたコラムを執筆中。数多くのIT系メディア での執筆を行う。他にもソフトバンクBB(株)、(株)ワイキューブ のアドイザリーを勤める。現在はフリージャーナリストとして執筆活動と、2005年から慶応大学SFC研究所上席研究員として「個人メディア」の研究活動および大学での講義を行っている。2007年10月末、弊社取締役就任。
ブログ:TAROSITE
http://www.tarosite.net/
ポッドキャスト:Nomad Talks
http://www.castalia.jp/podcast.php?pid=1408

 

村沢義久ー徳島県出身。東京大学工学部機械工学科卒業、東京大学大学院工学部修了(情報工学専攻)。スタンフォード大学経営大学院にてMBA取得。
1979年7月ベイン・アンド・カンパニー入社の後、ブーズ・アレン・アンド・ハミルトン日本代表、ゴールドマン・サックス証券M&A担当バイス・プレジデント、及び モニター・カンパニー日本代表を歴任。さらに、 サイクロン・コマース・インク日本代表やコラボ・テクノロジー取締役を務めた後、 2003年1月Auckland Consulting(本社ニュージーランド)日本代表就任を経て2003年4月より東京大学非常勤講師。現在は東京大学サスティナビリティ連携研究機構 特任教授。
専門分野は企業戦略、コーポレート・ガバナンス、企業提携、財務戦略、流通改革、IT戦略、人事制度構築など。最近は、株主価値最大化を軸とした経営改革に注力している。主な著書に「グローバル・スタンダード経営」(ダイヤモンド社、1997年)、「世界標準時代の成功法則52」(PHP研究所、1998年)、「株主価値経営で強い会社をつくる」(かんき出版、1999年)、“Handbook of Strategic Planning”(John Wiley & Sons, Inc. 1986年、共著)、近著に「手にとるように地球温暖化がわかる本」(かんき出版、2008年)がある 。
ポッドキャスト:ムラサワ・レター
http://www.castalia.jp/podcast.php?pid=1407