キャスタリア株式会社、大手ITアドバイザリ企業が選ぶ世界の注目ベンダー「クール・ベンダー2011」に選出される

セキュアかつクローズドな環境下でiPadでの学習や研修を可能とするソーシャル・ラーニング・プラットフォーム「Schooly」(呼称:スクーリー)を提供するキャスタリア株式会社(以下:キャスタリア、本社:東京都港区南青山、代表取締役:山脇智志)は、業界最大規模のITアドバイザリ企業である米ガートナー社(以下:ガートナー)が2011年4月18日に発行した「人的資本管理の注目ベンダー:2011年」(”Cool Vendors in Human Capital Management, 2011″ 本好宏次 他共著)において、世界5社の「注目ベンダー(クール・ベンダー)」のうちの1社として選定されました(http://www.gartner.com/technology/research/cool-vendors/)。


ガートナーでは、クール・ベンダーを「革新的でインパクトがあり、興味深い技術もしくはソリューションを提供する企業」と定義。
「世界で最も信用のあるITアドバイザリ企業のガートナーによって『クール・ベンダー』として選出されたことは、日本に拠点を置く小規模な弊社にとって名誉であるだけでなく、弊社のコンセプトとサービスが世界レベルでも注目に値するものであることを証明してくれたと信じております。弊社は今後、日本発のソーシャル・ラーニング・サービスを武器に世界で勝負をしていきたいと思っています」と、キャスタリア代表取締役・山脇智志は述べています。
教育機関や企業での利用を想定したSchoolyは、実際の教室で行われている授業を、クラウドを活用して、タブレットやスマートフォンなどのモバイルデバイスと、教室内のソーシャルコミュニケーションの双方に対応させることができるハイブリッドな環境を実現します。また、「学びの復興」、そして「学びを止めない」教育体制を作るための最適なソリューションでもあります。
※ Schoolyについての詳細はこちらのニュースリリース
(http://www.castalia.co.jp/news/_ipad_schooly_1.html)
をご参照ください。
●ガートナーのクール・ベンダー選定プロセスについて
ガートナーの注目ベンダー・リストは、特定のテクノロジ分野におけるベンダーを網羅するものではなく、革新的で興味深い新興ベンダーや製品、サービスに注目することを目的としています。ガートナーは、本リサーチの内容に関して、商品性の保証あるいは特定の目的への適合性も含めて、明示的にも黙示的にも一切の保証を行いません。
ガートナーは、次のようなテクノロジやソリューションを提供する企業を、注目ベンダーとして定義します。
a) 革新性:ユーザーがこれまで不可能であったことを可能にするもの
b) インパクト:ビジネス・インパクトを現在有するか、あるいは将来有し得るもの (単なるテクノロジのためのテクノロジではない)
c) 魅力:過去約6カ月間にガートナーの関心や好奇心を呼んだもの
●キャスタリア株式会社について キャスタリア株式会社(本社:東京都港区南青山、代表取締役:山脇智志)は「モバイル&ソーシャル」をコンセプトにした教育向けデジタルコンテンツのソリューション開発および学習向けウェブメディアの運営を行なっています。コンテンツ配信を行なう企業/学校と個人の間で、学びを通じた新たなコミュニケーション創出と価値向上に貢献しています。 URL→ http://www.castalia.co.jp/
※「iPad」その他一般の製品名などは各社の商標または登録商標です。
※ガートナー社認証番号: GJ11136