Hack for Spring!コードアカデミー高校生と卒業生による小中学生向けの無料オンラインプログラミング授業を3/4より配信

「少し長くなった春休み」、プログラミングに挑戦してみたい生徒にその楽しさを伝えたい



キャスタリア株式会社(本店:長野県塩尻市、本社:東京都港区芝浦、代表取締役山脇智志、以下「キャスタリア」)は新型コロナウイルスで休校になった日本全国の小学生・中学生向けに初心者向けのライブ・プログラミング授業を2020年3月4日から3月25日までの土日・祝日を除く15日間に渡って開講します。配信時間は毎朝午前11時から12時の1時間です。


背景
キャスタリアは「教育で社会課題を解決する」を掲げる企業で、モバイルラーニングプラットフォームGoocusやプログラミング学習サービスCodePowerをBtoBで提供しています。今回の休校措置に際してどのようなことができるかを検討している中で、キャスタリアが設立に携わったプログラミング必修のオンライン高校であるコードアカデミー高等学校(本部:長野県上田市、運営:学校法人信学会、以下「コードアカデミー」)の卒業生である吉開拓人氏による「せっかく時間ができたのだから、プログラミングをやってみたらいいのに」というFacebook上の書き込みを旧知である代表の山脇が見かけて、吉開氏に声をかけて当企画が始動しました。


なぜライブ授業?どんな内容?

今回はオンデマンドではなく、ライブでの配信にこだわりました。それは「いつでもできる」のではなく、あえて時間を制限することで生徒たちの参加意欲を高めるためです。また何よりも授業中の講師と生徒たちとの質問やちょっと会話などにより、参加することの楽しさを感じてもらいたいという思いもあります。
講師にはリーダーの吉開氏のほかに現役のコードアカデミーの高校生が務めます。誰よりもプログラミングを楽しんでいる彼らだからこそ実現できる授業となります。またキャスタリアのプログラミング教育チームがライブ配信中も含めてバックアップサポートします。
授業の内容は最初に入門編を行い、それをライブかアーカイブで学んでもらいます。その後は日替わりで講師が交代しながら「基礎を楽しく、応用はもっと楽しく(吉開氏談)」をモットーに提供します。
配信プラットフォームにはTwitchを使います。Twitchはオンライン・ゲーム実況サービスですが、プログラミングを教えることに使われていることもあり、また講師だけでなく生徒にも親しみやすい配信環境なためです。
なお当事業における全責任はキャスタリアが持ちます。


概要:
Hack for Spring(ハック・フォー・スプリング)専用ウェブサイト
https://sites.google.com/castalia.co.jp/hackforspring
開催期間:2020年3月4日(水曜)〜3月25日(水曜)*土日・祝日を除く
開催時間:午前11時〜12時
対象:プログラミングに興味がある小学4年生から中学生を想定
必要なもの:コンピュータ(Mac, Windows)、インターネット接続
必要な作業:Twitchアカウント登録(無料、コメントをする場合のみ)
費用:無料

Twitchによる授業画面(想定)




講師
・リーダー:吉開拓人(よしかい・たくと)
コードアカデミー高等学校卒業生、慶應義塾大学2年生。現在は大学に通いながらフリーランスのプログラマーとして活動中 https://github.com/TakutoYoshikai

・講師
納本穂高(おくもと・ほだか)コードアカデミー高校
高橋風宇多(たかはし・ふうた)コードアカデミー高校
星孔晴(ほし・こうせい)コードアカデミー高校
・キャスタリアのプログラミング教育チーム