ED-MEDIA 2009にてオープンコースウェアとソーシャルラーニングに感する論文発表

2009年6月22-26日に米国ハワイ州ホノルルで開催された教育におけるマルチメディア/ハイパーメディア/テレコミュニケーションの学術的国際会議である「ED – MEDIA2009」にて慶応義塾大学の福原美三教授と当社の松村太郎取締役・研究責任者の連名でネット動画を使った教育/学習に関する論文を発表しました。


論文は「Creating User Community for OCW through Sharing Lecture Movies」というテーマで慶応義塾大学のオープンコースウェアコンテンツおよび当社が開発したソーシャルラーニングツールfusenに関するものです。

■論文概要(原文)
Three years have passed since first six universities launched their OCW sites in Japan and OCW have been entering into the second phase. In this phase, creating user community and globalization are very important key issues.
And as a current global tendency more media-rich content like lecture movie is getting more users access. In this paper we propose the second phase OCW based on information sharing among users on lecture movies. By using this scheme users can easily create and share their comment on shared movies without language barriers.


■ED-MEDIAに関して
Association for the Advancement of Computing in Education (AACE)の主催する年に一度開催される教育におけるマルチメディア/ハイパーメディア/テレコミュニケーションの学術的国際会議です。70カ国、1500名以上が参加し、本年は米国ハワイ州ホノルルにて2009年6月22-26日で開催されました。

 

edmedia-thumb-240x240-421