新時代の百科事典iOSアプリ。WIKIHIKE(ウィキハイク)にAR機能を搭載してアップデートリリース

キャスタリア株式会社(東京都港区)はAR機能を搭載したiOSアプリ、WIKIHIKE(ウィキハイク)を2017年10月20日にアップデートしてリリースします。今回はiOS版のみのリリースで、App Storeにてダウンロード可能です。


WIKIHIKEとは自分と近い関心を持つ人たちとWikipediaを通じて「知識を回し読み」する感覚で学びを共有できるiPhoneアプリです。普段の会話や、記事を読む中で気になった言葉をWIKIHIKEで検索することで自分だけの知のアーカイブを築くことができます。


AR機能をONにした時の画面


AR機能を搭載した新時代のWikipedia

今回のリリースでの目玉機能となるのがAR(Augmented Reality)機能です。昨年一大ムーブメントを巻き起こしたPokémon GOを初めとして空前のAR時代が到来しています。Google も今年5月に開催されたGoogle I/Oで画像認識アプリGoogle Lensを発表するなど、ますますARの利用が身近になりつつある中、Wikipediaという誰もが無料で使えるサービスにAR機能を搭載しました。

 WIKIHIKEでAR機能をオンにすると、Wikipediaに登録されている位置情報を利用して、半径10キロメートル以内の史跡や建物、さらには地域のお祭り情報などがスマートフォンの画面に表示され、いつもの見慣れた風景の中に、全く知らなかった新しい景色が現れます。



自分だけのポケット百科事典を持ち歩く

Wikipediaでの検索画面


プロフィール画面



WIKIHIKEを通じて検索するうちに履歴は蓄積されて、いつの間にか自分だけの知のアーカイブとなって知識が学びへと変わっていきます。検索する中で気になった言葉はライブラリーに追加して保存したり、ページにコメントを残したり、他の人のコメントを読んだりして、単なる検索ツールではなく自分だけのポケット百科事典として活用することで教育ツールとして利用することができます。



ソーシャル機能の搭載によって知識の回し読みが可能に

さらにソーシャル機能の搭載によって、Facebook, Twitterを通じてつながる仲間たちとアプリの枠を超えて知的好奇心を共有して楽しむこともできます。今後ソーシャル機能をさらに拡充し、よりユーザーが相互に学び合える機能を追加していく予定です。


WIKIHIKEウェブサイト
https://www.wikihike.net/