キャスタリア、世界銀行が支援するセネガルの科学技術研究機関、CEA-MITICと提携

セネガル国内向け高等教育におけるモバイルラーニングを共同で推進



キャスタリア株式会社(本社:東京都港区 以下「キャスタリア」)はセネガル国におけるICTに関する先端的研究を行うCEA-MITICと、同国における教育とICTの推進を目的として提携を行います。
来日した同センター長および副学長のOusmane Thiaré氏と10月26日付で提携に関する覚書に調印しました。まずはキャスタリアのモバイルラーニングプラットフォームGoocusを同国の高等教育に活用する共同実証研究から開始し、キャスタリアから同機関への技術教育の提供および同機関からキャスタリアへのインターン派遣などの人材交流を行い、将来的にはセネガルや西アフリカ地域の社会課題解決を目指す共同研究を進めていく予定です。


CEA-MITICはセネガル政府と世界銀行の共同出資により2014年に設立されました。設立目的は、同国および西アフリカ諸国のICTに関連する分野に向けた高度人材の育成と創出のためのトレーニングおよびリサーチプログラムを提供することです。同センターは、世界銀行が支援するアフリカの高等教育プロジェクトであり既存の高等教育機関におけるSTEM教育の強化と地域別専門産業の育成を目的にしたACE(Africa Center of Exellence)や、サブサハラ・アフリカ地域の応用科学、工学と技術における人材育成を目的とした高等教育およびスキル開発プログラムであるPASET(Partnership for skills in Applied Sciences, Engineering and Technology)にも選ばれています。
キャスタリアは東アフリカ地域におけるケニアに続き、西アフリカ地域におけるパートナーとしての同センターとともにICTを用いた教育や訓練を提供することで、アフリカにおける教育課題の解決を目指します。


CEA-MITICに関して
CEA-MITIC(Centre of Excellence in Mathematics, Computer Science, Communication and Information Technology )は、セネガル国サンルイ市にあるガストン・ベルジェ大学(Gaston Berger University)を中心に国内外の学術機関が参加する数学、コンピュータサイエンス、ICTになどの応用科学に特化したコンソーシアム型の先端研究センターです。世界銀行のアフリカ高等教育支援プログラム:Africa Center of ExcellenceプロジェクトおよびPASET:Partnership for Skills in Applied Science, Engineering and Technologyプロジェクトに採択されています。


キャスタリア山脇代表取締役(左)とCEA-MITIC ウスマン副学長(右)




CASTALIA JOINS FORCES WITH CEA-MITIC, SENEGALESE SCIENTIFIC AND TECHNOLOGICAL RESEARCH INSTITUTE SPONSORED BY WORLD BANK

CASTALIA JOINS FORCES WITH CEA-MITIC, SENEGALESE SCIENTIFIC AND TECHNOLOGICAL RESEARCH INSTITUTE SPONSORED BY WORLD BANK