キャスタリア、モンゴル初のEduTechとなる大学受験対策モバイルラーニング事業をBagshiin Tuslah社との提携により開始

貧富の差による教育格差を失くす、スマートフォンでの大学受験勉強


モバイルラーニングプラットフォーム「Goocus」を運営するキャスタリア株式会社(本社:東京都港区 以下「キャスタリア」)は、Bagshiin Tuslah LLC(本社:モンゴル国ウランバートル市 以下「Bagshiin Tuslah」)と提携し、モンゴル国内における高校生向けセンター試験対策アプリ「Bagshiin Tuslah」を公開しました


2020年2月2日よりモンゴル国にて、センター試験を受験する高校生及びその保護者や教師を支援するアプリ「Bagshiin Tuslah」が公開されました。
各業界で最高の指導スキルを備えたモンゴルの教師陣による講義や試験など全ての学習活動をオンライン上にて展開し、センター試験での高得点獲得を可能にします。

モンゴル国内にて初のEduTech事業となる本アプリでは、貧困を理由に受験勉強をすることができない高校生に対し、スマートフォンを活用することで安価な値段で学習環境を提供し、モンゴル国内における教育の機会均等を目指します。

https://www.bagshiintuslah800.mn/ (モンゴル語)